タイクーン

横浜マリーナ会員の斎藤智氏が執筆した大人のためのクルージングヨット教室を題材にしたマリン、セイリングクルーザー小説。

クルージング教室物語

第107回

 横浜の新山下にタイクーンというレストラ
ンがある。

 タイクーンは、たまにテレビの撮影隊がや
って来て、ドラマのロケ地にも使われている
ので、けっこう有名だ。

 レストランは、横浜港の海に面したところ

にある。
 レストランの客席からは、横浜の港が一望
できて、マリンタワーやベイブリッジまでも
が間近に見える。

 すぐ近くには、横浜に古くからあるヨット
ハーバーがあって、ボートやヨット、クルー
ザーの姿を眺めながら食事ができる。

 まさに港、横浜に相応しいレストランだ。

「今日は、セイル上げないの?」


 ルリ子が、隆に聞いた。

 いつもならば、横浜マリーナを出航して、
沖に出たところですぐにセイルを上げて、エ
ンジンを止め、セイリングするのだが、今日
は、もうずいぶん沖まで走って来ているのに
ステアリングを握っている隆は、一向にセイ
ルを上げる気配がなかった。

「ああ、セイルか。上げたいか?」
「それは、ヨットだから、エンジンで走って
いるよりも、セイルで風で走りたいけど」

 ルリ子は、隆に答えた。

「それはそうだよな。俺も、エンジンの音を
聞いているよりも、風で走って、エンジンは
出来るだけ早く切りたい」

 隆は答えた。

「でも、今日はお昼にレストランに行くだろ
う。レストランは、横浜港内にあるから、港
内は直に帆走禁止海域に入るから、食事して
終わってから帰りにセイルは上げよう」


 隆は、ルリ子たちクルーに説明した。

 皆は、レストランがどこに在るか知らない
ので、ヨットの舵、ステアリングは隆に任せ
船の行き先をウォッチすることに専念した。

 隆が操船している船は、ベイブリッジの内
側に入ると、ベイブリッジのすぐ側の細長い
狭い航路の中を突き進んで行った。

「細い、狭い道」

 クルー皆は、初めて通る航路にわくわくし
ながらウォッチしていた。

「ほら、レストラン見えたよ」

 その細い航路の突き当たりを左折すると、
その先、突き当りにあるポンツーンにラッコ
は接岸した。

 突き当たりには、バルコニー、ウッドデッ
キの付いたおしゃれなレストランがあった。


 ウッドデッキには、テーブルや椅子が並べ
られていて、テーブルの上には赤、白のカラ
フルなビーチパラソルが立っていた。
 ウッドデッキでも、食事ができるようにな
っていて、ウッドデッキのテーブルでも何人
かお客さんが食事をしていた。

「ここって、もしかしてタイクーンじゃない
の?」
「タイクーンって、ライブとかやっていると
ころだよね。こんなおしゃれだったっけ?」
「陸から来ると、まるで汚い倉庫みたいなと

ころだけど、海から来ると、すごくおしゃれ
な外観のレストランに見えるね」

 そのタイクーンのウッドデッキ前には、船
が停められる停泊スペースがあった。

 既に3艇ほどのパワーボートが先客として
来て停まっていた。
 2艇目と3艇目の間に少しスペースが空い
ていた。
 そこにラッコは、進入して停泊した。


「ここって、何のお食事が食べられるの?」

 タイクーンのことを知らない麻美が、佳代
に聞いた。

「何を食べられるかは知らない」

 佳代は、麻美に答えた。佳代も名前は知っ
ているが、実際に食べに来たことは一度もな
かった。

「アジアン料理、エスニックよ」

 その手の情報には詳しいルリ子が、佳代に
代わって麻美に答えた。

第108回につづく