Skip to content

夏の定番料理

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

横浜マリーナ会員の斎藤智氏が執筆した大人のためのクルージングヨット教室を題材にしたマリン、セイリングクルーザー小説。

クルージング教室物語

第70回

 長く楽しかった夏のクルージングも終わっ
てしまった。長いようで、けっこう早くに終
わってしまった。

 そう感じていたのは、幼少の頃からヨット
に乗っているヨット好きの隆だけかと思って
いたら、ラッコのメンバー全員がそう感じて
いた。

 今日の昼の食事は、そうめんだった。

 この夏、ヨットで、そうめんを作るのは、
初夏から数えるともう何十回目かだ。

 ラッコは、毎週のように、ヨットを出して
いる。横浜マリーナに保管しているヨットの
中で出艇率では断トツナンバー1かもしれな
かった。

 暑くなってきてからは、そのほとんどの昼
ごはんに、そうめんを作っていた。


 ラッコ以外のほかのヨットでも、多くのヨ
ットは、夏になると、そうめんを作っている
船が多かった。

 本当は、そうめんは、作るときに、茹でる
のに水を大量に使うから、水が貴重なヨット
にとっては、不向きな料理のはずなのに、小
さなギャレーでの料理のし易さからか、多く
のヨットでは、夏になると、そうめんを作る
ことが多かった。

「ルリちゃん、そうめんのつゆを作ってくれ

る?」
「はーい」

 ルリ子は、麻美に言われて、皆の分のそう
めんのつゆを薄めて、作っている。
 佳代は、そうめんに入れるワサビを、丁寧
に削っていた。

「最近、ヨットに来ると、そうめんばかり食
べているよね」
「そうね。夏は暑いからね」
「なんか毎週、そうめんを作っているから、


私、そうめんだけは、上手にお料理できるよ
うになったかも」

 洋子が、話している。

「よかったじゃない。これで、いつでもお嫁
に行けるね」
「うん。でも、そうめんしか作れないお嫁さ
んだけどね」

 皆が、笑った。

「お昼、できました!」

 麻美の声で、皆がラッコのキャビンの席に
ついた。ラッコのメンバー以外には、マリオ
ネットのメンバーも一緒に、ちゃっかりラッ
コのキャビンの席で食事をしている。

 夏のクルージング以降は、ラッコとマリオ
ネットのメンバーは、すっかり仲良くなって
しまっていた。

 いつも一緒にヨットを出して、お昼になる


と、隣り同士で船を停泊して、お昼ごはんを
食べていた。


麻美の3分そうめんレシピ

サッパリしてて美味しいです〜

 材料は、そうめんに、そうめんのつゆ、ネ
ギ2、3本、すりごま、梅干し、それにショ
ウガです。

 材料は全て、横浜マリーナ前のショッピン
グスクエア内にあるスーパーマーケットで調
達できます。

「ネギ何本いる?」
「1本。あ、その束、1セットでいいわよ」

 ルリ子は、麻美に言われて、2本1束にな
っているネギを買い物カゴの中に入れた。

「そうめんのつゆは、どれにする?」
「どれにしようか?」


「今日は、中華風にしてみない」

 洋子と雪は、そうめんのつゆが売っている
棚の前で、いろいろなメーカーのそうめんの
つゆボトルを見比べていた。

「あと、ショウガがいるね」

 麻美に言われて、佳代がショウガを買い物
カゴの中に投入する。

「すりごまは?」

「すりごまのボトルは、まだ船の中に入って
いるから大丈夫よ」

 麻美は、佳代に答えた。

「あ、梅干しは、朝出てくるときに家の冷蔵
庫から持ってきた」

 麻美は、つけ加えた。

 買い物を終えて、船に戻ると、ラッコのヨ
ットのギャレーには、ちゃんとすりごまの入


ったボトルが棚の中に収まっていた。

「あと、梅干しでしょう」

 麻美は、自分のバッグの中からタッパーに
入った梅干しを取りだして、ギャレーの端に
付いている冷蔵庫の中にしまった。

それでは作り方です~

1ギャレーの下の戸棚に入っている大きめの
 鍋を取り出す。

2鍋に、プラスチックの水のポリタンクから
 水を注ぐ。
3お鍋をギャレーのガスストーブ、コンロに
 かける。
4お鍋の水が、お湯に沸騰してくる。
5そうめんを茹でる。

※そうめんは茹ですぎないように1分ぐらい
でザルに上げましょう。

「ルリちゃん、そうめんを上げるから」
「はーい」


 ルリ子は、麻美に言われてザルを持って表
のデッキに出る。
 麻美も、茹で上がったそうめんの入った熱
いお鍋を持ってデッキに出る。

「大丈夫?」
「うん、大丈夫だよ」

 ルリ子がデッキから腕を伸ばして、海上に
ザルを持っている。麻美は、ルリ子の持って
いるザルの中に、茹で上がったお鍋のそうめ
んを開ける。

 お鍋のそうめんは、ルリ子が両手で抱えて
いるザルの中に落ちる。
 そうめんと一緒にお鍋に入っていた熱いお
湯だけは、ザルを通って、海の中に落ちてい
ってしまった。

「OK!」

 そうめんだけが残ったザルを持って、ルリ
子はキャビンの中に戻っていく。
 麻美も、空っぽの鍋を持って戻っていく。


6ザルのそうめんの周りに砕いた氷を投入。
7刻んだねぎ、梅干しも散らす。
8棚のすりごまのボトルもそうめんにふりか
 ける。
9生姜をすりおろして、カップのそうめんの
 つゆの中に入れる。

 これで、夏のそうめんの完成です。

「それでは、頂きましょうか」
「いただきます!」

 麻美の合図で、コクピットにいたラッコの
メンバーたちは、そうめんを食べ始めた。

第71回につづく


Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

  • 読者の方

    読進社書店の書棚には、これまでに読進社が出版してきた数々の書籍を陳列しています。

    書棚の書籍はすべて実際に手に取ってご自由にお読みになって頂くことが出来ます。

    気に入った書籍が御座いましたら、お手持ちのカゴに入れてまとめてレジに持っていき、ご購入頂くことも出来ます。

    ご購入された書籍は、パソコンからでもスマホからでもどこからでもインターネット上に繋がればすぐにお読みになることが出来ます。

    通販市場 by Telemall 9Fにも出店中

  • 作家の方

    ご自身の作品を、パソコンからでもスマホからでもインターネット上に繋がればどこからでもすぐに発表して頂くことが出来ます。

    まずは、作家登録ページの簡単な入力フォームより読進社に作家登録をお願いします。

    作家登録が済みましたら、書籍出版フォームに作品原稿をお送り下さい。

    お送り頂きました作品原稿は、すぐに書籍化されて読進社書店の書棚上に陳列されます。

    作家登録、書籍出版についての詳細は、作家登録のページをご覧下さい。

Scroll to top