Skip to content

ショッピング

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

日本の商社のニューヨーク支店に勤める隆が、妹のゆみとニューヨークで暮らす二人暮らしのハートフルホームコメディ。

 次の日の朝、ゆみも隆も少しゆっくり目に
目覚めた。今日は日曜日だから学校も会社も
お休みだ。

「良明君と毎日会っているでしょう、由香ち
ゃんも理香ちゃんも仲良しなったでしょう。
でも、まだ美香ちゃんってあたしと同い年
の人とまだ会ったことないよ」

 ゆみは、遅めの朝ごはんを食べながら、隆
に話していた。良明、岡島さんの家の姉妹の
ことだ。

「そのうちきっと会えるよ」
「美香ちゃんとも仲良くなれるかな」

 ゆみは隆に聞いた。隆は朝のパンケーキを
もぐもぐ食べながら頷いていた。

「これからどうするの?」
「久しぶりにボウリングに行こうか?」
「うん。帰りにお買物にも行きたい」

 ゆみは前々から隆にテニスのラケットが欲
しいって言っているので、それを買ってもら


えないかなって思っていた。
 ゆみは、生まれたときから病弱で育ってき
た。いつも学校の体育も見学だった。
 それが最近、病院でお医者さんに少し体力
がついてきたので、まだ皆で学校の体育とか
は厳しいけど、ひとりで軽く壁打ちのテニス
するぐらいならやっても良いと言われた。
 それを受けて、隆にテニスのラケットぐら
いなら1個買ってやると約束してくれていた
のだった。

 ゆみはジーンズに着替えて出かける準備を

した。隆に日曜だし、ボーリング場に行こう
って誘われたのだ。
 ゆみは帰りにテニスのラケットを買っても
らうつもりでいたが。

「メロディはどうする?」
「お留守番」
「一緒に連れて行きたいな」
「だめ」

 隆は、そう一言だけ言うと、ジャケットを
着て玄関に出た。ゆみは、いつもお留守番の


メロディも一緒に連れて行ってあげたい。
 そう思ったけど、隆にだめって言われてし
まったので、メロディのことをいっぱい撫で
てあげてから「ごめんね」って言って、隆の
後を追った。
 メロディは別にお留守番になるのは、平気
なようで平然と玄関でお見送りしてくれた。

「バイバイ」

 ゆみは、メロディに手を振って、隆と地下
の駐車場の車のところに行った。

 兄の隆は、どんなスポーツでも得意で運動
神経抜群だった。
 ボーリング場は、家から車で30分ぐらいの
ところの郊外にある。隆は、ボーリング場の
広い駐車場に車を停めると場内に入った。
 入り口の受付で、専用の靴を借りて、それ
に履き替える。ゆみも、ボーリングをやるわ
けではないのだが、小さいサイズの靴を借り
て履き替えた。
 ボーリング場の中は、専用の靴でないと床
が痛むから入場できないのだ。
野球でも、フットボールでも、ボーリングで


も、どんなスポーツでも上手な兄と反対に、
ゆみは、体が小さくあまり強くないため、ス
ポーツはできない。
 学校の体育の時間も、いつも皆のやってい
る姿を見学しているだけだった。
 そんなゆみでも、最近少しずつ体が強くな
ってきていたので、お医者さんに壁打ちのテ
ニスぐらいならばやってもいいと言ってもら
えたのだ。そんなわけもあって、ゆみは、テ
ニスのラケットが欲しかったのだ。

「よし!ストライク」

 隆は、またまたストライクを出した。これ
でもう7回目のストライクだ。
 ゆみは、スコアブックの置いてあるテーブ
ルで蝶々のマークを記帳する。ゆみは、自分
自身ではボーリングなんて一度もやったこと
がない、出来ないのだが、いつも隆のお供で
来ているうちに、ボーリングのルールとスコ
アの付け方を自然に覚えてしまっていた。

 アメリカでは、家族の週末などのレジャー
に、ボーリングは大変人気がある。
 お誕生日のバースデーパーティをボーリン


グ場でケーキ持参でやる家族も多い。
 ゆみも、お友達のボーリング場のバースデ
ーパーティには、もう何度も招待されていた
りする。そんなバースデーパーティに参加し
たときでも、隆のスコアをいつも付けている
ために、スコア係はお任せの得意だった。

「ちょっと休憩しようか」

 隆は、ボーリング場の脇にあるカフェテリ
アに行って、ジュースを2本買ってきた。
1本をゆみに渡し、もう1本を自分で飲み干

した。

「さあ、あと1ゲームしたら帰ろうか」
「もう帰るの?」
「帰りにショッピングセンターに寄ってから
帰ろう」

 隆は、ボーリングの玉を手に取ると、ピン
に向かって投げた。

「ショッピングセンター?」
「テニスのラケットを買うんだろう」


「え、買ってくれるの?」
「そのつもりで今日のボーリングについて来
たんだろう」
「うん」

 ゆみは、嬉しそうに大きな声で頷いた。隆
はちゃんと覚えていてくれたのだ。

「早く終わらせてショッピングセンターに行
こうよ!」

 ゆみが言うと、隆は笑った。ゆみたちは、

いつもは学校の近くのジョンソンアベニュー
という商店街にあるスーパーマーケットで日
常品のお買物をしていた。
 でも、洋服とか何か特別な物が必要なとき
には、ボーリング場の近くにある、この大型
ショッピングセンターに来ていた。
 ブルーミングデールという大きな百貨店も
入っている。百貨店のほかにレコード店、ス
ポーツ店、映画館にレストランなど殆どなん
でも揃っているショッピングセンターだ。

「テニスラケット」につづく


Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

  • 読者の方

    読進社書店の書棚には、これまでに読進社が出版してきた数々の書籍を陳列しています。

    書棚の書籍はすべて実際に手に取ってご自由にお読みになって頂くことが出来ます。

    気に入った書籍が御座いましたら、お手持ちのカゴに入れてまとめてレジに持っていき、ご購入頂くことも出来ます。

    ご購入された書籍は、パソコンからでもスマホからでもどこからでもインターネット上に繋がればすぐにお読みになることが出来ます。

    通販市場 by Telemall 9Fにも出店中

  • 作家の方

    ご自身の作品を、パソコンからでもスマホからでもインターネット上に繋がればどこからでもすぐに発表して頂くことが出来ます。

    まずは、作家登録ページの簡単な入力フォームより読進社に作家登録をお願いします。

    作家登録が済みましたら、書籍出版フォームに作品原稿をお送り下さい。

    お送り頂きました作品原稿は、すぐに書籍化されて読進社書店の書棚上に陳列されます。

    作家登録、書籍出版についての詳細は、作家登録のページをご覧下さい。

Scroll to top