アメリカンヨットライフ

横浜マリーナ会員の斎藤智氏が執筆した大人のためのクルージングヨット教室を題材にしたマリン、セイリングクルーザー小説。

クルージング教室物語

第9回

 隆は、東京は成田空港を飛び立ってロサン
ジェルスの空港に降り立った。

 空港には、麻美が車で迎えに来てくれてい
た。会社のお盆休み、夏休みに麻美がアメリ
カに遊びに来いと招待してくれたのだ。

 例によって、隆は飛行機代がない・・とか

グズグズ言っていると、麻美が「いい、わか
った?飛行機のチケットはこっちから買う方
が安いから郵便で送るから、それじゃ空港で
待っているからね!」

 電話で、麻美は隆にそれだけ言うと電話を
切った。

 かくして隆は、麻美に導かれるままに、ア
メリカにやって来たのだった。
 空港を出ると、まずは麻美が通っていると
いう学校を案内してもらって、それからロサ


ンジェルスの街をあっちこっち麻美の運転す
る車で案内してもらった。

 一通り、街の中をみて周った後、麻美が泊
まっているというシェアハウスに行った。
 この小さなシェアハウスで、麻美は女子学
生2人と男子学生3人で暮らしていた。

 今夜は、この家の麻美が使っている部屋に
折りたたみベッドを広げて一晩泊まることに
なるらしい。
 夕食は、ほかのルームメイトと一緒にダイ

ニングで食事だったが、夜寝るときは、部屋
に麻美と2人だけになった。

 隆が緊張していると、

「緊張しなくていいよ、私もう寝るから」

 と麻美はさっさと自分のベッドに入って寝
てしまっていた。

 次の日は、快晴だった。


 麻美のスケジュールだと、今日から父の暮
らしているサンフランシスコに移動すること
になっていた。
 ほかのルームメイトの学生も夏休みで実家
に帰るらしい。麻美も、サンフランシスコの
実家に戻るので、隆も一緒についていって、
麻美のサンフランシスコの実家で過ごすこと
になっているらしかった。
 なにしろ、旅行の費用は全て麻美、麻美の
父親持ちなので、隆は麻美の立てた予定に従
って行動するしかなかった。

 麻美の話だと、サンフランシスコは周りを
海に囲まれていて、ヨットが盛んな町なのだ
そうだ。現地に着いたら、父に頼んでサンフ
ランシスコのマリーナを案内してもらえるら
しかった。

 サンフランシスコの高級会員制マリーナの
クラブハウスの中に入れさせてもらえた。
 表の受付やカウンターは、重々しく重厚な
雰囲気だったが、中に入ってみると、床に子
どものおもちゃが転がっていたり、奥のキッ
チンで太った婦人が、アメリカの家庭料理を


作っていたり、とってもアットホームな雰囲
気だった。
 表の海面を走っているヨットのデッキ上に
は、どのヨットにも大きな犬が家族と一緒に
乗っていた。

 マリーナに停泊している一隻のヨットの船
内に招待してもらえた。
 キャビンに入ってすぐのメインサロン、カ
ウンターの上に丸々した大きな猫が丸まって
寝ていた。はじめ、猫の置物なのかと思った
ら、目を開けて本物の猫だった。

 マリーナのどのヨットも、子連れでファミ
リーで乗っている船がとても多かった。

「アメリカでは、ヨットにファミリーで乗っ
ている人が多いんだね。なんか日本よりいい
雰囲気だな」
「そうね、確かにいい雰囲気だね」

 隆に言われて、麻美は、自分がサンフラン
シスコのマリーナで将来のファミリーとヨッ
トに乗っているところを想像していた。


 なぜか舵を握っている夫が隆で、隆そっく
りの男の子が2人、デッキの上を走り回って
いた。なんで、将来の夫が隆なのよ、麻美は
自分の頭の中に浮かんだ妄想にちょっと腹を
立てていた。

「なんで、隆なのよ?」

 麻美は、自分が勝手に妄想した将来の夫の
姿のことを隆に文句を言っていた。

「何のこと?」

「なんでもないわよ」

 なんで文句を言われたのかよくわからない
隆に、麻美は慌てて、なんでもないと否定し
ていた。

第10回につづく