Skip to content

ニューヨークヤンキース

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

日本の商社のニューヨーク支店に勤める隆が、妹のゆみとニューヨークで暮らす二人暮らしのハートフルホームコメディ。

「ゆみ、ヤンキースのチケットもらったぞ」

 隆は、会社から帰ってくると、ヤンキース
のチケットを、ゆみに見せた。

「また、もらったの」

 ゆみは、隆の言葉に、さほど驚くことなく
返事した。ヤンキースやメッツの野球の試合
のチケットは、けっこう毎年もらえるのだっ
た。
 隆の会社では、取引先のつきあいとかで、

野球のチケットは、けっこう手に入る。
 野球のチケットは、よく会社にくるので、
会社の社員たちも、ぜんぜんめずらしくなく
会社の机の上に、よく置きっぱなしに、なっ
ていたりしている。
 ゆみは、野球のチケットよりも、フットボ
ールのNFLのチケットだったら、スタジア
ムに観に行きたいなって、思っていた。
 フットボールのチケットは、野球に比べて
けっこう手に入りづらいのだ。

「いつのチケット?」


「明後日」
「明後日?明後日って木曜日だよ。学校ある
よ」
「ナイターだから大丈夫」

 隆は、言った。

「チケット3枚あるんだけど、誰かお友達誘
ってもいいぞ」

 隆は、3枚のチケットを、ゆみに見せなが
ら言った。

「お友達つれて、一緒に行ってもいいの?」

 隆の言葉に、ゆみは、嬉しくなった。

「誰と行こうかな?やっぱり、シャロルと行
きたいかな」

 ゆみは、兄の隆に言った。

 明日、学校に行ったら、シャロルに話して
みよう。ゆみが、シャロルを誘うことを考え
ていると、


「日本人のお友達にしてくれないか?」

 隆は、ゆみに言った。

「シャロルじゃ、日本語通じないから、俺困
るよ」

 隆に、そう言われて、ゆみは、誰を誘うか
迷ってしまった。

「智子お姉さんは?」
「智子お姉ちゃんは、野球とか好きじゃない

もん」

 智子は、スポーツとか、そんなに好きじゃ
ないことを、ゆみは、思い出して言った。

「それじゃ、ヒデキを誘おうか。あいつ野球
好きだろう」

 隆は、言った。

「ヒデキ君?ヒデキ君だったら、良明君と一
緒に行きたいな」


 ゆみは、言った。

「ね、良明君。野球好きだよね」

 ゆみは、学校のお昼休みに、良明のことを
誘っていた。
 その日のお昼休みも、良明は、お昼ご飯を
自分でぜんぜん食べなかったので、結局、ゆ
みが良明に、お昼ごはんを食べさせてあげて
いたのだ。
 そのお昼ご飯が食べ終わった後で、ゆみは
彼に声をかけたのだった。

 それに対して、良明は、黙って首を縦に振
った。

「そうだよね。うちのお兄ちゃんが、会社か
ら野球のチケットもらってきたの。三つある
んだけど、良明君も一緒に行かない?」

 ゆみは、聞いた。

 良明は、黙ったまま、いつものように何も
返事が返ってこない。


「一緒に、今度野球を見に行かない?」

 返事がないので、ゆみは、もう一回良明に
聞いた。でも、良明からは、何も返事がなか
った。首を横に振ったりもしてくれない。

「どうしたの」

 ゆみが、良明の返事がないので、困ってい
ると、横のシャロルが聞いてきた。

「え、ヤンキースのチケット!」

 シャロルは、ゆみから聞いて、興奮して言
った。シャロルは、野球が大好きだった。と
いっても、見るのが専門だったが。
 ニューヨーク在住の人は、大概メッツかヤ
ンキースのファンだった。
 アメリカでは、野球などスポーツは、大概
自分の住んでいる地域のチームを、応援する
人が圧倒的に多い。ニューヨークの場合は、
チームはヤンキースとメッツの2チームある
ので、そのどちらかのファンが多かった。
 シャロルは、ヤンキースのほうのファンだ
った。シャロルの兄はメッツのファンだ。


 ヤンキースはヤンキースタジアム、メッツ
はケネディ空港の近くにあるシェイスタジア
ムが本拠地だ。シャロルと兄が別々のチーム
が好きなのは、そうすればヤンキースタジア
ムとシェイスタジアムの両方の野球観戦に連
れていってもらえるからだった。

「良明が行かないんだったら、あたしが行き
たいな」

 シャロルは、言った。

「あたしも、シャロルと一緒に行きたかった
んだけどね」

 ゆみも、シャロルに同意した。

 でも、兄がシャロルは、日本語がわからな
いって言われたことを、素直に言った。

「そうか。そうだよね。英語しかわからない
子じゃ、お兄さんは一緒にいて疲れちゃうよ
ね」


 シャロルは、残念そうに言った。ゆみも、
シャロルと行けないのは、残念だった。

「ナイターでなくて、デーゲームだったら、
ゆみとあたしと良明で行けるのに」

 シャロルは、言った。

 そうか、デーゲームなら安心だから、それ
できたのに。シャロルのアイデアを聞いて、
ゆみも、そう思った。
 ヤンキースタジアムのある所は、先日のブ

ロードウェイの近くであまり治安のいいとこ
ろではない。ナイターだと、子供だけでは危
なくて、隆が行くの許してくれないだろう。

「野球観戦」につづく


Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

  • 読者の方

    読進社書店の書棚には、これまでに読進社が出版してきた数々の書籍を陳列しています。

    書棚の書籍はすべて実際に手に取ってご自由にお読みになって頂くことが出来ます。

    気に入った書籍が御座いましたら、お手持ちのカゴに入れてまとめてレジに持っていき、ご購入頂くことも出来ます。

    ご購入された書籍は、パソコンからでもスマホからでもどこからでもインターネット上に繋がればすぐにお読みになることが出来ます。

    通販市場 by Telemall 9Fにも出店中

  • 作家の方

    ご自身の作品を、パソコンからでもスマホからでもインターネット上に繋がればどこからでもすぐに発表して頂くことが出来ます。

    まずは、作家登録ページの簡単な入力フォームより読進社に作家登録をお願いします。

    作家登録が済みましたら、書籍出版フォームに作品原稿をお送り下さい。

    お送り頂きました作品原稿は、すぐに書籍化されて読進社書店の書棚上に陳列されます。

    作家登録、書籍出版についての詳細は、作家登録のページをご覧下さい。

Scroll to top