読進社書店

デバイス不要、アプリ不要のスマホで読める電子書籍を配信する出版スタンド

ページ8 | ニューヨーク恋物語

「お、すごい男らしい声だね」

 隆は、長男に微笑んだ。

「良明は、おぼえているかな?隆さんには、よく遊んでもらっていたのよ」

 岡島さんの奥さんが、良明に聞いた。良明は、首を横に振った。

 良明の下の妹たちの名前は、上から美香、由香そして理香といった。妹たちは、小学3年、1年そして幼稚園児だった。一番上の妹の美香は8歳になる。

「8歳ならば、うちの妹のゆみと同い年だね」

 隆は、美香に言った。岡島さん一家の住む家は、隆たちの住んでいる同じマンションの11階の部屋だった。

「そしたら、学校でゆみさんと同じクラスになるのかな、私?」

 美香は、隆に聞いた。

前へ Page

次へ Page


Copyright © 1964-2022 読進社書店 All Rights Reserved.

Designed by Yumi