読進社書店

デバイス不要、アプリ不要のスマホで読める電子書籍を配信する出版スタンド

ページ7 | ヤマトが還る日

お父さんは、奥のリビングルームで、テレビの報道番組を真剣な顔で見ていた。報道番組には、空から降ってくる大量の隕石が映し出されていた。

「お帰り、大変なことになっているぞ」

 2人が入ってきたのに気づいて、お父さんが振り向くと、祥恵に言った。

「どうするの?」

「宇宙人だ。ガミラスとかいう宇宙人が攻めてきたらしい。あの空から大量に降ってくる隕石みたいなのは、遊星爆弾という彼らの星の爆弾らしい。地球人を追い出して、自分たちが地球に住もうとしているらしい」

 お父さんは、報道番組で聞いたことを、祥恵に説明した。

「新宿に逃げるぞ」

「新宿?」

 祥恵は、お父さんに聞き返した。

前へ Page


Copyright © 1964-2022 読進社書店 All Rights Reserved.

Designed by Yumi