学友

横浜マリーナ会員の斎藤智氏が執筆した大人のためのクルージングヨット教室を題材にしたマリン、セイリングクルーザー小説。

クルージング教室物語

第7回

 隆には、大学でいつも一緒に学んでいる学
友、悪友がいた。

 彼女の名前は、佐藤麻美といった。

 さばさばとしたちょっと男っぽい性格だっ
た。高校卒業後、予備校で2浪してから、隆
と同級生で大学に入学したのだった。

 隆とは、隆が高3のときに予備校に来て、
そこで知り合って以来のつきあいだった。お
よそ高3で大学受験を目前にするまでは、い
っさい受験、勉強とは縁のなかった隆が、は
じめて予備校に通って、予備校のことがまっ
たくわからなかったときに、2浪している麻
美がいろいろと予備校のことを教えてくれた
のだった。

 頼れる姉貴分って感じの存在で、未成年の
隆が予備校のほかの浪人生に、教室の隅でた
ばこをすすめられたときも、「高校生にたば


こ勧めるんじゃねえよ」とそいつらに注意し
て、隆のことを守ってくれたこともあった。

 いつも隆の前では、姉貴分というか男っぽ
い麻美だったが、実はとんでもないお金持ち
のお嬢様だった。
 彼女の父親は、アメリカに本社のある大き
な貿易会社の社長で、一年の半分以上を本社
のあるサンフランシスコで暮らしていた。
 そのため、彼女や彼女の弟ともなかなか会
うことは少なかった。

 彼女の弟は、高校を卒業するとすぐに、貿
易の専門学校に通って、卒業してからは父親
の貿易会社に就職して、跡継ぎとしてがんば
って働いている。
 弟が跡継ぎとして、父親の会社に入ってく
れたおかげで、彼女自身は親にわりかし自由
にさせてもらえていた。

 隆たちは、大学の4年間をヨットに、勉強
にと楽しく過ごして、卒業を迎えることとな
るのだった。


 隆は、卒業したら働く就職先がなかなか決
まらずに、どうしようか悩んでいた。
 隆は、以前からよく誘われて麻美の実家に
も遊びに行ったりもしていたので、そんな隆
の様子をみて、麻美の父親に良かったら、う
ちの貿易会社で働いてみないかと誘ってもら
えていた。

 隆がどうしても決まらなかったらお願いし
ますと返事している間に、小さな中小企業か
ら内定の通知をもらえて、隆の就職は無事に
決まってしまった。

 まだ就職の決まっていなかった麻美は、父
親に就職の決まった隆を引き合いにして色々
小言を言われるようになっていた。

「おまえはどうするんだ」

と聞かれ、もしどこにも決まらないなら、う
ちの会社でOLの空きがあるから働きなさい
と言われていた。

 麻美は、OLというと女性らしいイメージ
があるので自分にはあわないな、ましてや父


の会社で働くなんて・・と隆に話していた。

「隆の内定決まった会社ってまだ募集してい
るみたいだし、受けてみるかな」
「なんで、また俺と同じ会社を受けるの」
「いや、別に隆と同じ会社でなくても良いん
だけどさ。隆でも受かった会社ならば、受か
りやすいじゃないかなと思ってさ」
「中小の小さな会社かもしれないけど、あの
会社ってけっこう採用難しいみたいだよ」

 隆は、麻美にせいいっぱいの反論をしてみ

たが、結局、麻美は、その会社を受けて、見
事に採用されてしまった。
 隆は返す言葉が無かった。

第8回につづく