読進社書店

デバイス不要、アプリ不要のスマホで読める電子書籍を配信する出版スタンド

ページ10 | ニューヨーク恋物語

「持ちましょうか」

 隆は、空港のカートを持ってきて、そこに岡島さんたちの荷物を載せた。隆は、岡島さんから荷物を受け取りカートに載せながら、

「そうか。ゆみが5年生ってことは、良明君と同じ学年になるのかもしれないね」

 隆は、側で荷物を積むのを手伝ってくれていた良明に言った。

「いいな。あたしと同じクラスだったら良かったのにな」

 美香が、言った。

「どうして?」

「だって、新しい学校に入る前に、お友達ができていれば、初めての学校にも通いやすいもの」

「なるほど。確かに、それはそうだ」

 隆と岡島さんの奥さんは、美香に微笑んだ。

次へ 投稿

前へ 投稿

読進社書店 新刊コーナー

Copyright © 2016-2022 読進社書店 All Rights Reserved.

Produced by 読進社