ヨットとの出会い

横浜マリーナ会員の斎藤智氏が執筆した大人のためのクルージングヨット教室を題材にしたマリン、セイリングクルーザー小説。

クルージング教室物語

第2回

 海野隆は今はやりのIT実業家だった。彼
の愛艇は33フィートのモーターセーラーだっ
た。

 海野隆がヨットと出会ったのは小学生のと
きだった。

 彼には、近所に幼稚園入園前からとても仲

良くしていた幼馴染みの男の子がいた。
 隆は、どちらかというと勉強よりも運動が
得意な性格だったが、その幼馴染みは、隆と
は反対に勉強はよくする子だったが運動があ
まり得意ではない子だった。
 性格がまったく正反対な二人だったが、小
さい頃からなぜかとても仲が良かった。
 いじめっ子にいじめられているところを見
かけると、けんかの強い隆はよく手助けして
いた。逆に勉強でわからないところがあると
隆はよく彼に教わっていた。
 隆は、そんな幼馴染みのことを少しぐらい


運動が苦手でも良いと思っていた。
でも、彼の母親はそんなわが子にもっと男の
子らしく強い子になって欲しいと思ってた。

 その母親の義理の兄は、横浜のヨットハー
バーでヨットを趣味にしていた。
 その兄が仲間とともに今度、ヨットハーバ
ーで子ども向けヨット教室を立ち上げること
になって、そのヨット教室に参加する子ども
を探していた。
 そのことを兄から聞いた母親は、これはう
ちの子を運動に興味を持たすチャンスかもし

れないと考えた。母親は、わが子にそのヨッ
ト教室に参加するように命令した。

 最初は、ヨット教室への参加を拒んでいた
彼だったが、一年間だけという母親との約束
でヨット教室に参加することになった。

「でも一人で通うのは寂しいよ。隆君と一緒
に通いたい」

 彼は、母親にそうお願いした。母親は隆の
母親に相談して、隆も彼と一緒にそのヨット


教室に毎日曜日は通うことになった。

 一年間、母親との約束を守って頑張ってヨ
ット教室に通った彼は、約束通り一年後にヨ
ット教室をやめてしまった。
 しかし、隆のほうは、最初は誘われて始め
たヨット教室だったが、ヨットの魅力にはま
ってしまってその後、高校2年生までずっと
毎日曜日、一度も休むこともなくヨット教室
に通い続けたのだった。

高校3年生は大学受験のため、ヨットを一時

中断していたが、大学に入学後には、またヨ
ットに乗り始めるようになっていた。

第3回につづく