読進社書店

デバイス不要、アプリ不要のスマホで読める電子書籍を配信する出版スタンド

原稿の入稿について

読進社書店に、作家登録頂きありがとうございます。

読進社書店への作家登録が完了した作家先生は、読進社書店内の書籍配信プラットフォームにて、ご自身の作品を発表していただくことができます。

読進社書店は作家先生のための
作品・配信プラットフォーム

早速、作品原稿を入稿しましょう。

作家の方の利用方法

全ての作家の作品原稿とも、読進社編集部にて、編集・組版した後に、読進社書店「書店内の書棚」上にて配信されます。

配信するためには

まずは、なにはともあれ読進社書店に無料の作家登録ページより作家登録の手続きを完了してください。

こちらのページをご覧になっている作家先生は、もう既に作家登録は完了していますね。

作家登録が完了しましたら、すぐに、ご自身の作家マイページより簡単に作品を書籍化、配信していただくことができるようになります。

作家登録はこちら

作家登録が完了した作家先生は、ご自身の作家マイページ上の作品の出版お申込みページより、入力フォームに作品原稿を入稿してお送りください。

作品の出版お申込みページはこちら

原稿データの入稿方法

こちらの作品の出版お申込みフォームより原稿が書き上がりましたら、フォームで送信してください。

1. 作品の原稿を準備する

作家が、電子ブック(電子書籍)の作品を読進社書店「読進社の本」上で配信したい場合は、作品の無償販売、有償販売に関わらず、まずはじめに、その配信しようと考えている書籍の原稿(ストーリー)を用意しなくてはなりません。

この書籍の原稿については、どんなに出版についての知識、ノウハウを豊富に持っている編集担当者でも、作家のお手伝いをすることができません。原稿の作成については、ストーリー構成から展開まで全て作家さんの手で作成をお願いします。

ただし原稿の執筆に行き詰まったときには、どうぞご遠慮なく担当編集者にご相談下さい。人に相談することで解決する場合もあります。

その代わりに、逆に言えば、はじめの原稿部分さえ、作家さんにて作成、仕上げて頂ければ、その後の書籍のレイアウト、デザイン、装丁については、全て読進社にて制作して出版まで致しますから、後は著者校以外は作家さんの手を煩わせることは一切ありません。

※著者校は有償出版プランのみとなります。
※入稿データにつきまして当社にて簡単な審査を行う場合があります。
※また、入稿データの内容は、こちらに記載の内容 に抵触されないようにご注意下さい。

2. 作品の原稿を入稿する

書き上がりました原稿(ストーリー)の原稿データは、こちらの作品の出版お申込みフォームよりご入稿をお願いします。

作品の出版お申込みフォームはこちら

作品の原稿データは、入稿フォーム上にある「作品原稿」項目の記載欄に直接コピー&ペーストするだけでお送りできるようになっています。

入稿に当たってのソフトウェアの指定など一切ありませんので、お手持ちのパソコンに標準でインストールされているテキストエディタにて作品をお書きになれます。書き上がった原稿は、そのまま全てを選択して、「作品原稿」項目の記載欄内にペーストして送信いただけます。

Windowsパソコンでの使用方法

テキストエディタは、ご自身がお使いのパソコン(Windows)を起動して、画面左下にあるWindowsアイコンの中から「よく使うアプリ」「プログラムファイル」を開きます。

「Windowsアクセサリ」「アクセサリ」の中に入っている「メモ帳」「ノートパッド」もしくは「ワードパッド」というソフトウェアを開きます。

あとは、そちらの画面上にカーソルを置いて、原稿をお書きください。良い作品ができあがるのを、とても楽しみにしています。

こちらのソフトウェアは、どちらもwindowsには必ずインストールされているソフトウェアです。どちらでも作品を書きやすいほうのソフトウェアをお使い下さい。

3. 作品原稿の入力代行を依頼する

作家さんの中には、ペン、筆、万年筆での執筆のほうが筆が進むという方もいらしゃいますことでしょう。上記の原稿データ以外で入稿致しますと、データ入力費用(1文字=税別1円)が別途に掛かってしまいます。

ですので、書き上がりました作品の原稿データは、上記の方法でご入稿されることを推奨します。

どうしてもテキスト(.txt)、ワープロ(.doc)ファイルでの原稿執筆が苦手な作家の場合は、手書きの原稿用紙でのご入稿も可能です。

但し、原稿用紙によるご入稿の場合は、原稿データの入力代行費用としてオプション費用(実費)が若干発生しますので、予めご了承下さい。

  • 手書き原稿のデータ入力代行:1文字1円(税別)。

4. 作品の審査

申請いただいた作品は、無償有償に関わらずすべて読進社にて配信するための簡単な審査し、その作品が公序良俗に反する内容ではないか、諸法令に違反する内容ではないか、反社会的な内容を含まないかアダルトコンテンツが含まれる内容ではないか、また当社規約に著しく反するものでないかを確認いたします。

審査は、あくまで配信に当たって、作品が反社会的な内容を含まないものであることを確認するだけの簡単なものになります。

審査にパスした作品は、次の配信STEPに進みます。

4. 作品の制作

審査完了後、問題がなければ、出版のために、読進社専属デザイナー、DTPオペレーターが制作、出版作業を開始します。

装丁デザインおよび作品内容の校閲完了時には、校閲完了のご案内メールを作家さんにお届けします。届きましたら、内容を確認し、著者校をお願いします。

※著者校は有償出版プランのみとなります。

その後、読進社内にて著者校の再校、念校を済ませ、書籍の配信となります。

詳しい制作の流れについてはこちら

作家からのご入稿を読進社スタッフ一同心よりお待ち申し上げています。

5. 書籍の制作費用

それでは、実際に有償販売の作品、書籍を制作するに当たって、いったいどのぐらいの制作費用が掛かるのかについて、具体的な金額をみてみましょう。

書籍化の制作費用についてはこちら

あなたがご応募頂いた作品原稿は、読進社書店内の「書籍の書棚」に並べられて、全ての読進社書店の読者に読まれ、気になる作品については読者レビューや感想などで評価されます。

未来への扉はいつでも開かれています

読者レビューや感想などで高評価だった作品は、今後は読進社編集部からのご依頼で引き続き新作本の出版ができます。また、読進社書店であなたの作品をお読みになった他社出版社様や映画会社などからのご依頼もあるかもしれません。

未来への扉は、その人が望む限り永遠に開き続けています。

読進社編集部より一言

読進社書店の作品出版申込みに、ご応募頂いたあなたの作品を評価、選考するのは読進社書店の読者自身です。読進社編集部では、あなたの作品の選考には一切関わりません。

※作品の内容が反社会性を含む内容など内容に問題がある場合は掲載できません。

読進社書店の読者が、一番読みたいと思われた作品が、今後も読進社書店上にて引き続き出版できるのですから、一番フェアな選考方法ではないでしょうか。

原稿の入稿について


読進社では、多くの作家先生からのご登録、新たな作家先生との出会いを常にお待ち申し上げています。

作家先生と編集者で、一つでも多くの良い作品を読者のもとにお届けしましょう。

読進社編集部

作家登録、作品発表・販売についてのお問合わせ

読進社
〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢東124-1

>> 読進社発足の経緯

※読進社書店へのお問合わせは こちらのお問合わせフォーム をご利用ください。

Copyright © 2014-2022 読進社書店 All Rights Reserved.

Designed by Yumi