遊星爆弾

地球人は宇宙戦艦ヤマトが還ってくるまで黒いエイリアンのいる地下都市でステイホームさせられることに・・ホラーラブストーリー

 ゆみは、幸せを噛みしめていた。

 4月の中等部の入学式を終えて、5月にな
って季節は陽気もポカポカしてきた。
 教室でのゆみの席は、窓際だったので、余
計に陽射しがポカポカしていた。

 今は、現代国語の授業中だった。教壇では
先生が現代国語の授業をしていた。
 ゆみの名字は、「今井」なので前から3番
目の席だ。前から2番目には、同じ「今井」
の大好きなお姉ちゃんが座っていた。

 小等部の頃は、毎日、朝晩の通学はお姉ち
ゃんと一緒に学校へ通っていたが、学校へ着
くと、お姉ちゃんはお姉ちゃんのクラス、ゆ
みはゆみのクラスで別々の授業だった。
 それが、飛び級で中等部に進学してからは
朝晩の通学の時だけでなく、学校に着いてか
らも、大好きなお姉ちゃんと同じ学年、クラ
スで一緒に授業を受けられるのだ。

 しかも、お姉ちゃんの席は、ちょうどゆみ
の席の目の前。授業中、教壇で授業をしてい
る先生の姿を見ながら、前の席を見ると、そ


こには、ゆみの大好きなお姉ちゃんがいる。
 これが幸せでなくて、何が幸せといえるの
だろうか。
 ゆみは、そんなことを考えながら、ポカポ
カの日差しが降りそそいでくる窓の外を、ふ
と眺めた。

「あ、お姉ちゃん!」

 ゆみは、窓の外、遠くの武蔵野の山に向か
って、空から降ってくる大量の隕石を発見し
て、思わず授業中だったことを忘れて、大声

でお姉ちゃんを呼んだ。

「ちょっと、ゆみ。授業中だよ!」

 前の席のお姉ちゃんが、ゆみの方に振り返
って叱った。
 ゆみに呼ばれたお姉ちゃんが振り返るのは
もちろん、ゆみの大声に、教壇の先生も、教
室にいたクラスの皆も、ゆみの方を振り返っ
ていた。

 授業中に大声を出したゆみのことを、お姉


ちゃんは睨んできたが、ゆみは、窓の外の武
蔵野の山に降ってくる大量の隕石を指差して
お姉ちゃんに見せた。

「なんだよ!あの隕石は」

 教室の中央付近の席に座っている背の高い
男の子、佐藤正英くんも、ゆみと同じに窓の
外に見える空から大量に降ってくる隕石を見
つけて叫んでいた。

「なんだ、あれは」

 教壇で授業をしていた先生も、窓のところ
にやって来て、空から降ってくる隕石の姿を
見ていた。
 他の生徒たちも皆、今は授業中ということ
を忘れ、窓の側にやって来て、空から降って
くる大量の隕石を見ていた。

「ちょっと、先生は職員室に行って、あれが
何なのか情報を確認してくる」

 先生は、教室から職員室に行くために、教
室のドアを開けて飛び出した。


「いいか。君たちは皆、先生が教室に戻って
くるまでの間、ここに、教室に待機していな
さい。なんかあったらいけないから、教室か
ら外に出るんじゃないぞ!この部屋の中にい
なさい」

 先生は、生徒たちにそれだけ言うと、職員
室に行くために、教室を出て行った。

 普段の授業中だと、授業の途中で、先生が
どこかに出かけてしまうと、生徒たちは皆、
それぞれにお友だちとおしゃべりを始めたり

中には、教室から出て、廊下でキャッチボー
ルを始めてしまう生徒もいた。
 しかし、さすがに今は、隕石が大量に空か
ら降ってきているのだ。
 生徒たちの間でも、緊急事態だということ
は理解できるようで、誰も教室から外に出る
人はいなかった。
 それどころか皆、黙って静かに先生が戻っ
てくるのを待っているのだった。

「お姉ちゃん」


 ゆみは、不安そうに窓の外の隕石を眺めな
がら、お姉ちゃんの横に来た。

「大丈夫だから。先生が戻ってくるまで、お
となしく待っていよう」

 お姉ちゃんは、ゆみの手をしっかり握って
くれていた。

「緊急避難活動」につづく